キャッシングはなぜリボ払い?

銀行カードローンと消費者金融キャッシング何故リボ払い

銀行カードローンや消費者金融のキャッシング、残高スライド方式とか、借入時残高スライド方式の2つが導入されていますよね。

 

これは、正式名称、残高スライド元利定額リボリビング返済方式の事を言います。リボリビング払い方式の変形なんですね。昔は24回払いとかの元利定額方式しかなかった気が。何故近年はリボリビング返済方式を導入するようになったのでしょうか。

 

1顧客が追加借入をしやすい

昔ですと、最初に契約した金額から、追加の融資が欲しい時は新たな契約を結び直す面倒くささがありました。今ですと、包括契約になっていますので、新たな契約を結ばずにカードの限度額残高ぎある限り追加で借りてしまい、その分だけ利息が稼げるためです。

 

.返済期間が長期化しやすい

リボ払い方式は具体的な返済終了日が見えないため、月々の支払いがキチンと出来ているからまぁいいかといった気持ちになりやすいです。実は支払っていても、元金は残高スライドて ですと最小に近いので、殆ど元金は減っていません。結果返済期間は長期化します。

 

 

以上の理由から、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングはリボリビング返済方式を導入したいのです。業者の思惑通り動かず、繰上げ返済で短く借りることがキャッシング、カードローンとの上手な付き合い方です。